哲数物を学ぶ

自然科学のことや自分の経験や考えたことについて書いていきます.誰かの役に立てれば幸いです.

時間に依存しない,縮退のない摂動まとめ

時間に依存しない,非縮退な摂動論の問題設定と計算方法をまとめる.

問題

非摂動ハミルトニアン $\hat{H}_0$ と摂動ポテンシャル $\hat{V}$ と微小パラメータ $\lambda$ によって $$\hat{H}=\hat{H}_0+ \lambda \hat{V}$$ という形をした,時間に依存しないハミルトニアン $\hat{H}$ で表される量子系の解 $\{(E_n , |n \rangle)\}_n$ を近似的に求める.

$E_n$ はハミルトニアン $\hat{H}$ のエネルギー固有値,$|n \rangle$ はエネルギー固有値 $E_n$ に対応した固有状態である.すなわち,

\begin{equation} \hat{H} |n \rangle=E_n |n \rangle \end{equation}

と表される.

非摂動項 $\hat{H}_0$ の厳密で非縮退な解 $\{(E^{(0)}_n , |n^{(0)} \rangle)\}_{n }$ が与えられているとする.すなわち,$\hat{H}_0$ の厳密で非縮退なエネルギー固有値 $\{E^{(0)}_n \}_{n}$ とそれに対応した固有状態 $\{|n^{(0)} \rangle\}_{n}$ を用いて

$$\hat{H}_0 |n^{(0)} \rangle=E^{(0)}_n |n^{(0)} \rangle$$

が成り立つ.

方法

求めたい解 $\{(E_n , |n \rangle)\}_{n}$ を非摂動解 $\{(E^{(0)}_n , |n^{(0)} \rangle)\}_{n }$ からのずれとして以下のように $\lambda$ のべき級数として展開する. $$\begin{eqnarray} |n \rangle &=&|n^{(0)} \rangle + \lambda |n^{(1)} \rangle + \lambda^2 |n^{(2)} \rangle + \cdots \\ E_n &=& E^{(0)}_n + \lambda E^{(1)}_n + \lambda^2 E^{(2)}_n + \cdots \end{eqnarray}$$

これらを式(1)に代入して $\lambda$ の次数ごとに係数比較することで1次以上の摂動固有状態 $\{|n^{(k)} \rangle \}_{k \in \mathbb{N}}$ と摂動エネルギー固有値 $\{E^{(k)}_n \}_{k \in \mathbb{N}}$ を逐次計算することができる.

結果(1次と2次について)

非摂動固有状態 $\{|n^{(0)} \rangle\}_{n}$ における摂動ポテンシャル $\hat{V}$ の行列要素 $V_{nk}\equiv \langle n^{(0)}|\hat{V}|k^{(0)} \rangle$ を用いると,1次と2次の摂動は以下の公式によって求められる.

$$ \begin{eqnarray} |n^{(1)} \rangle &=& \sum_{k \neq n} |k^{(0)} \rangle \frac{V_{kn}}{E_n ^{(0)} -E_k ^{(0)}} \\ |n^{(2)} \rangle &=& \sum_{k \neq n} \sum_{l \neq n} |k^{(0)} \rangle \frac{V_{kl} V_{ln}}{(E_n ^{(0)} -E_k ^{(0)})(E_n ^{(0)} -E_l ^{(0)})} - \sum_{k \neq n} |k^{(0)} \rangle \frac{V_{nn} V_{kn}}{(E_n ^{(0)} -E_k ^{(0)})^2} \\ E_n ^{(1)} &=& V_{nn} \\ E_n ^{(2)} &=& \sum_{k \neq n} |k^{(0)} \rangle \frac{|V_{nk}|^2}{E_n ^{(0)} -E_k ^{(0)}} \end{eqnarray} $$

参考文献