三浦と窮理とブログ

主に自然科学について自分が勉強してきたことについて書いていきます.困っている誰かの役に立ちたいですし,そのためにもっと成長したいです.

ポテンシャル V 中の粒子の確率密度に関する連続の式(微分形・積分形)の導出と確率密度・確率流密度の物理的意味

目次

問題

ポテンシャル V(r , t) 中の粒子の状態を記述するシュレーディンガー方程式を \[i\hbar \frac{\partial}{\partial t} \psi (\boldsymbol{r},t) = \left(-\frac{\hbar^2}{2m}\nabla^2+V(\boldsymbol{r},t) \right) \psi (\boldsymbol{r},t) \] とする.

質量 m の粒子の波動関数 ψ(r , t) にたいして,ρ(r , t) = ψ*(r , t) ψ(r , t) で確率密度を定義する.微小体積 dV を考えると ρ(r ,t) dV は,その体積中に粒子が存在する確率を表すことになる.確率密度の流れ j(r , t) を \[\boldsymbol{j} (\boldsymbol{r} , t) = \frac{\hbar}{2im}[\psi^{*} (\boldsymbol{r} ,t) \nabla \psi (\boldsymbol{r},t) - (\nabla \psi^{*}(\boldsymbol{r},t) )\psi(\boldsymbol{r},t) ]\] で定義したとき,次の問いにこたえなさい

(a) 確率密度 ρ(r , t) と確率の流れの密度 j(r , t) の間には連続の式の微分形が成り立つことを示せ.

(b) Σ を空間中の任意の閉曲面,Ω をその内部の領域,n を閉曲面の内側から外側へ向く単位法線ベクトルとするとき,次の等式を導け. \[\frac{\partial}{\partial t}\int_\Omega \rho(\boldsymbol{r} ,t) dV = - \int_\Omega \nabla \cdot \boldsymbol{j} (\boldsymbol{r},t) dV = - \int_\Sigma \boldsymbol{j}\cdot \boldsymbol{n} dS \] これは連続の式の積分形である.

(c) ここで用いた ρ(r , t) と j(r , t) の物理的な意味を説明せよ.

(a)の解答

確率密度の連続の式 $\nabla \cdot \boldsymbol{j} + \frac{\partial \rho}{\partial t}=0$ を示す.

シュレディンガー方程式 \[i\hbar \frac{\partial}{\partial t} \psi (\boldsymbol{r},t) = -\frac{\hbar^2}{2m}\nabla^2 \psi (\boldsymbol{r},t)+V(\boldsymbol{r},t) \psi (\boldsymbol{r},t) \] の両辺の左から ψ*(r , t) をかけると,

\begin{align} i\hbar \!\!\!\!\!\!\!\!\! \underbrace{\psi^* \frac{\partial}{\partial t} \psi}_{\qquad =\frac{\partial}{\partial t}(\underbrace{\psi^*\psi}_{=\rho})-\psi \frac{\partial}{\partial t} \psi^*} \!\!\!\!\!\!\!\!\!\! &= -\frac{\hbar^2}{2m}\psi^*\left(\nabla^2 \psi\right)+\psi^*V \psi \\ \Leftrightarrow \quad \frac{\partial}{\partial t} \rho &= -\frac{\hbar}{2im}\psi^*\left(\nabla^2 \psi\right)+\frac{1}{i\hbar}\psi^*V \psi + \psi \frac{\partial}{\partial t} \psi^* \end{align}

となる.一方,

\begin{align} \nabla \cdot \boldsymbol{j} &= \frac{\hbar}{2im}[\nabla\cdot(\psi^{*}\nabla \psi) - \nabla\cdot\{(\nabla \psi^{*} )\psi\} ] \\ &= \frac{\hbar}{2im}\left[\cancel{(\nabla\psi^{*})\cdot(\nabla \psi)} + \psi^{*} (\nabla^2 \psi) - (\nabla^2 \psi^{*} )\psi-\cancel{(\nabla\psi^{*})\cdot(\nabla \psi)}\ \right] \\ &= \frac{\hbar}{2im}\psi^{*} (\nabla^2 \psi) -\frac{\hbar}{2im}(\nabla^2 \psi^{*} )\psi \end{align}

となる.シュレーディンガー方程式の両辺の複素共役をとると, \[-i\hbar \frac{\partial}{\partial t} \psi^{*} = -\frac{\hbar^2}{2m}\nabla^2 \psi ^{*}+V \psi ^{*} \] である.この式の両辺の左から ψ(r , t) をかけると, \begin{equation} -i\hbar \psi\frac{\partial}{\partial t} \psi^{*} = -\frac{\hbar^2}{2m}\psi\left(\nabla^2 \psi ^{*}\right)+\psi V \psi ^{*} \end{equation} となる.式(5) の右辺第2項に 式(6) の右辺第1項を代入すると, \begin{equation} \nabla \cdot \boldsymbol{j} = \frac{\hbar}{2im}\psi^{*}\left(\nabla^2 \psi\right)- \psi \frac{\partial}{\partial t} \psi^* - \frac{1}{i\hbar}\psi^*V \psi \end{equation} となる.式(2) と式(7) を足すと, \[\nabla \cdot \boldsymbol{j} + \frac{\partial \rho}{\partial t}=0\] が得られる.

(b)の解答

連続の式より, \begin{equation} \frac{\partial \rho}{\partial t}=- \nabla \cdot \boldsymbol{j} \end{equation} である.両辺を Ω 上で積分すると,左辺はガウスの発散定理を用いて, \begin{align} \int_\Omega \frac{\partial \rho}{\partial t} dV &=-\int_\Omega \nabla \cdot \boldsymbol{j} dV \\ \Leftrightarrow \quad \frac{\partial}{\partial t}\int_\Omega \rho(\boldsymbol{r} ,t) dV &= - \int_\Sigma \boldsymbol{j}\cdot \boldsymbol{n} dS \end{align} となる.

(c)の解答

確率密度 ρ(r , t) はある時刻 t に粒子が位置 r に存在する確率を表している.

確率流密度 j(r , t) について,これは定義より $\boldsymbol{j} (\boldsymbol{r},t) = \frac{\hbar}{m} \mathrm{Im}[\psi^{*} \nabla \psi]$ である (Im[ ] は引数の虚部をとる関数).

この量は波動関数の位相の空間変化と関係がある.例えば,位相が θ(r , t) という関数である波動関数が $\psi(\boldsymbol{r} , t) = \sqrt{\rho(\boldsymbol{r} , t)} \exp (i \theta (\boldsymbol{r} , t))$ と表されるとすると, \begin{equation} \psi^{*} \nabla \psi = \sqrt{\rho} \exp (-i \theta)\left(\left(\nabla \sqrt{\rho}\right) \exp (i \theta) + \sqrt{\rho} i \left(\nabla \theta\right) \exp (i \theta)\right) = \sqrt{\rho} \left(\nabla \sqrt{\rho} \right)+i \rho \nabla \theta \end{equation} であるので $\boldsymbol{j} (\boldsymbol{r},t) = \frac{\hbar}{m} \rho \nabla \theta$ である.つまり確率流密度 j は波動関数の位相の空間変化(勾配)に比例した量である.



参考文献

現代の量子力学(上) 第2版 (物理学叢書)

現代の量子力学(上) 第2版 (物理学叢書)

  • 作者: J.J.サクライ,J.ナポリターノ,J.J. Sakurai,Jim Napolitano,桜井明夫
  • 出版社/メーカー: 吉岡書店
  • 発売日: 2014/04/10
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る