三浦と窮理とブログ

主に自然科学について自分が勉強してきたことについて書いていきます.誰かの役に立ってくれれば嬉しいです.

2次元等方調和振動子のハミルトニアンと角運動量演算子の生成消滅演算子による同時対角化

2次元等方調和振動子のハミルトニアン

\begin{equation} \hat{ H } = \frac { 1 } { 2 m } ( {\hat{ p } _ { x }} ^ { 2 } + {\hat{ p } _ { y } }^ { 2 } ) + \frac { 1 } { 2 } m \omega ^ { 2 } ( \hat{ x } ^ { 2 } + \hat{ y } ^ { 2 } ) \end{equation}

と z 方向の角運動量演算子

\begin{equation} \hat{L} = \hat { x } \hat { p } _ { y } - \hat { y } \hat { p } _ { x } \end{equation}

は x , y 方向の生成消滅演算子

\begin{equation} \hat { a } _ { x } = \sqrt { \frac { m \omega } { 2 \hbar } } \left( \hat { x } + \frac { i } { m \omega } \hat { p } _ { x } \right) , \hat { a } _ { y } = \sqrt { \frac { m \omega } { 2 \hbar } } \left( \hat { y } + \frac { i } { m \omega } \hat { p } _ { y } \right) \end{equation}

を用いて,

\begin{align} \hat{ H } &= (\hat{ a }_x^\dagger \hat{ a }_x + \hat{ a }_y^\dagger \hat{ a }_y + 1)\hbar \omega \label{eq:Haa}\\ \hat{ L } &= i\hbar(\hat{ a }_x \hat{ a }_y^\dagger - \hat{ a }_x^\dagger \hat{ a }_y)\label{eq:Laa} \end{align}

と表される.また, $ [\hat{ H },\hat{ L }]=0 $ であり, $ \hat{ H } $ と $ \hat{ L } $ は同時対角化可能である. この二つの演算子を同時対角化するために次の演算子を定義する.

\begin{equation} \hat{A} _ { \pm } = \frac { 1 } { \sqrt { 2 } } ( \hat{ a } _ { x } \mp i \hat{ a } _ { y }) , \hat{A} _ { \pm } ^ { \dagger } = \frac { 1 } { \sqrt { 2 } } ( \hat{ a } _ { x } ^ { \dagger } \pm i \hat{ a } _ { y } ^ { \dagger } ) \end{equation}

これらは

\begin{align} &[ \hat{A} _ { r } , \hat{A} _ { s } ] = [ \hat{A} _ { r } ^ { \dagger } , \hat{A} _ { s } ^ { \dagger } ] = 0 , \quad [ \hat{A} _ { r } , \hat{A} _ { s } ^ { \dagger } ] = \delta _ { r s } \quad (r,s=+または-)\\ &[\hat{ A }_+^\dagger \hat{ A }_+ , \hat{ A }_-^\dagger \hat{ A }_-]=0 \label{eq:AAAA} \end{align}

という交換関係を満たす.

$ \hat{ H } , \hat{ L } $ は

\begin{align} \hat{ H } &= (\hat{ A }_+^\dagger \hat{ A }_+ + \hat{ A }_-^\dagger \hat{ A }_- + 1)\hbar \omega \label{eq:HAA}\\ \hat{ L } &= \hbar(\hat{ A }_+^\dagger \hat{ A }_+ - \hat{ A }_-^\dagger \hat{ A }_-)\label{eq:LAA} \end{align}

と表される.

式\eqref{eq:AAAA}より $ \hat{ A } _ + ^ \dagger \hat{ A } _ + $ と $ \hat{ A } _ - ^ \dagger \hat{ A } _ - $ は同時対角化可能なのでこれらの同時固有状態 $ |n _ +,n _ - \rangle $ と固有値 n+ , n-

\begin{align} \hat{ A }_+^\dagger \hat{ A }_+ |n_+,n_- \rangle &= n_+|n_+,n_- \rangle\\ \hat{ A }_-^\dagger \hat{ A }_- |n_+,n_- \rangle &= n_-|n_+,n_- \rangle \end{align}

と定義することができ,

\begin{align} \hat{ H }|n_+,n_- \rangle &= (n_+ + n_- + 1)\hbar \omega|n_+,n_- \rangle\\ \hat{ L }|n_+,n_- \rangle &= \hbar(n_+ - n_-)|n_+,n_- \rangle \end{align}

となる.すなわち $ |n _ +,n _ - \rangle $ は $ \hat{ H } $ と $ \hat{ L } $ の同時固有状態でもあり,対応する固有値はそれぞれ $ (n _ + + n _ - + 1)\hbar \omega,\hbar(n _ + - n _ -) $ であることが分かる.

関連事項:シュウィンガーの振動子モデル

現代の量子力学(上) 第2版 (物理学叢書)

現代の量子力学(上) 第2版 (物理学叢書)

  • 作者: J.J.サクライ,J.ナポリターノ,J.J. Sakurai,Jim Napolitano,桜井明夫
  • 出版社/メーカー: 吉岡書店
  • 発売日: 2014/04/10
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る